35歳がリミットの男性美容師

35歳がリミットの男性美容師

35歳がリミットの男性美容師

みなさんが何となく感じているように、美容室では30代後半の美容師と言うのはほとんど見かけませんよね。特に男性美容師だとそういう傾向があります。メインで働いているのはほとんどが20代と思われる男性美容師たちです。実際に美容師として一番指名を取る事が出来る年齢と言うのは20代のようなんですね。それはやはりメインとなるお客が若い女性たちだ、という事を考えると必然的にそうなってしまうのかもしれません。最近では30代〜40代の女性でも若い男性美容師を指名する人が多いようです。息子を見るような気持で若い男性美容師をひいきにする女性客も意外と多いものです。ですから男性美容師にとっては20代がピークで、30代ともなるとだんだんと指名が減ってくると覚悟しておいた方が良い様なんですね。そしてその事を実感してからではその後の身の振り方を考えるには、既に機を逃してしまう事になりかねません。男性美容師としてのピークは35歳ぐらいであり、それ以前から35歳過ぎたらどのような道を進むべきなのか、という事を見定めておく必要があるようですね。女性美容師ならばこの30代と言えば結婚や出産などで一度美容師と言う職を離れる人も多いようです。ですが女性の場合は復帰する道もかなり開かれているようです。男性美容師ならば35歳をピークに指名を得ながら美容室で自分の腕で雇われて働くことは難しくなる、と言われています。やはり若い美容師たちには勝てない業界なのでしょう。ですから35歳を過ぎた美容師は、その後の自分の身の振り方を考える分かれ道に立たされている、と考えた方が良いでしょう。そのまま美容室に留まっている事が出来たとしても、その後の給料はおそらく減る一方です。もしも家庭を持っているならば、40代と言えば一番お金が必要となる時期でもあります。その時期になって給料が減るというのはおそらく家族の同意も言えられないと思われます。収入を維持するためにはこのまま美容室に留まる、という選択は考えづらくなります。まったく別の業界に転職する、美容師の資格を活かす事が出来る別の仕事を探す、という選択肢も有ります。ですが40代から新しい事を始める、というのはかなり難しいですしチャンスを掴む事が出来る確率もそんなに高くは無いでしょう。美容師として一番理想的な40代以降の身の振り方はやはり独立して自分の店を持つこと、という事になるでしょうか。ですがそれには、それまでに資金と経営力を身に着けていなくてはいけない、という最大の条件があります。その準備が出来ていた人だけが、オーナーの道に進む事が出来ると言っても良いでしょう。美容室 自由が丘 ヘアサロン カット カラー 評判 口コミ 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ