涼しさとの付き合い方を考えてみよう

涼しさとの付き合い方を考えてみよう

涼しさとの付き合い方を考えてみよう

冷房は健康と美容に悪影響を与えますが、冷房を全く使わない生活が健康や美容に良い生活になるのかというとそうではありません。冷房も使いかたを間違えなければ健康にも美容にもプラスの効果を発揮してくれます。夏場になると夏バテになったり熱中症になったりします。これらの問題は健康に影響を与え、更に美容にも影響を与えます。食欲が減退して栄養不足になってしまう可能性があります。栄養が足りなければ体を動かすためのエネルギーが不足してしまいます。また新陳代謝のために必要な栄養がなくなれば体の細胞は生まれ変わることができずに古い細胞が残ることになり、肌の乾燥やニキビ等の症状として現れるようになります。夏バテや熱中症を防ぐために大事なことは適度に体を冷やしていくこと、水分をしっかりと摂ることです。体を冷やすために冷房を使うのはとても効果的です。ただ冷房を使うときには室外の温度との差を作り過ぎないことです。温度設定は5度以内にとどめておき、風に当たり過ぎないように注意してみてください。冷たいものを食べるときにも食べ過ぎると消化不良を起こし食欲減退に繋がります。冷たいものを摂取するときにも程々の量に抑えて食べすぎには注意してみてください。冷房を使うにしても冷たいものを食べるにしても、過剰になると体によくありません。冷房との付き合い方、冷たいものの摂取量といったものに注意して快適な夏を過ごしていけるようにしてみてください。夏のように暑い季節は冷えたものが欲しくなる季節でもあります。冷たい飲み物、アイス等の冷たい食べ物、冷房の効いた部屋等、体を冷やすために様々な手段を使って生活をしています。夏を快適に過ごすためには涼しさが必要になりますが、涼しさばかりを求めてしまうと美容や健康のトラブルに発展する可能性もあります。冷たい飲み物や食べ物は体を中から冷やします。冷房は体を外から冷やしていきます。どちらも血液の流れを悪くし代謝を低下させていくことに繋がり、代謝の低下が様々な美容トラブルを引き起こすことになるわけです。代謝の低下により真っ先に影響を受けるのが肌です。肌は血液のたどり着く順番としては頭の次に遅いため、血液の流れが悪くなるとそれだけ肌に十分な血液がたどり着けなくなるということになります。また肌は新陳代謝が活発で、多くの栄養とエネルギーを必要としています。血液によって運ばれる栄養やエネルギーは肌で多く消費されるため、血行不良は肌に大きな影響を与えてしまいます。人の目にも付きやすい場所であるため、肌のトラブルは見た目の印象にも強い影響力を持っているのです。冷たいものを飲んだり食べたりすることが肌のトラブルにつながっているということが実感できにくい人も多いかもしれませんが、体質が変化していくようになると敏感に反応するようになってきます。夏だからと言って涼しさばかりを求めていると美容の維持が難しくなってくるため、体の冷えには特に気をつけて過ごしてみてください。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ