正直会話は苦手

正直会話は苦手

正直会話は苦手

男性と言うのはそもそも女性に比べておしゃべりは好きではない、という人が多いですよね。気の知れた友人同士ならともかく、初対面の他人と楽しくおしゃべりする、なんてありえない、と思っている男性は多いのではないでしょうか。同時になれなれしく話しかけてくる店員さんも苦手、という男性も多いと思います。そのひとつが美容室でのおしゃべりではないでしょうか。そもそも男性の考え方というのは女性に比べて合理的な人が多いと思います。美容室に髪を切りに行っているだけなのに、そこで美容師との会話を楽しむとか盛り上げるために気を使うなんてあり得ない、と考える男性は多いと思います。それでも美容師側からしたらお客さんが美容室に来ている時間はその時間を快適に過ごしてもらう努力をしなくてはいけませんし、その一つがお客さんとの会話である、というのが美容室の考え方です。そのあたりの食い違いから「床屋ではなくて美容室に行きたいけれどもあの会話が苦手」と思っている男性も少なくないでしょう。男性客と美容師との間の会話の気まずさが解消されれば、男性客にとってより美容室の敷居が低くなるのではないでしょうか。男性客に対して男性美容師が担当する場合は、無言でもさほど気にならないかもしれませんが、女性美容師が担当した場合にはそのテンションの差が明らかになってしまうでしょう。美容室と言う場所が男性も女性も行く場所になってくると、その美容室で交わされる会話の内容も豊富になってきているのかもしれません。つまり美容師たちは男性客でも女性客でも対応できるようなトークを求められることになります。もちろん担当する人によるのですが、それでもこれまでは女性客が多かった店でも男性が来るようになったり、どちらかというと男性客の方が多いような美容室も増えてきています。どんなお客さんでも対応ができるようなオールマイティーな美容室であるためには、美容師のトークの幅も広げておく必要がありますね。またお店の雰囲気作りも難しくなっているかもしれません。どちらのお客さんにも好まれるような雰囲気にしなくてはいけませんし、男性客の会話の内容に女性客が顔をしかめるような事があってはいけませんし、逆に男性客が気おくれしてしまうような女性の高笑いばかりが響く様な雰囲気になってしまってもいけません。また美容師を雇う時にも、どちらの性別にも対応できる人を雇ったり、美容師の性別が偏らない様にしなくてはいけない、という事もあるかもしれませんね。多くの人は自分と同じ性別の美容師の方が気楽でよい、と考えるようですが、時にはあえて逆の性別の美容師を指名するお客さんもいます。美容師はより幅広い人間性を期待される事になっているのかもしれません。美容室 表参道 ヘアサロン カラー トリートメント 人気 口コミ メンズ


ホーム RSS購読 サイトマップ