プライベートな話は嫌だ

プライベートな話は嫌だ

プライベートな話は嫌だ

女性はそもそもおしゃべりをするのが好きな人が多いですから、自分の事話して聞いてもらいたい、という願望を持っている人も少なくありません。ですから美容師が投げかけた質問によろこんで応える人もいると思うのですが、男性はそのように自分の事を自ら語りたい、と思う人は女性に比べて随分と少ないと思われます。ですから美容師がなにかとプライベートに関わる質問をしてくるのが嫌だ、と思っている男性が多いのではないでしょうか。「仕事は何をしているのか」とか「今日これからどこかに行くのか」とか美容師によっては「彼女は要るのか」「結婚しているのか」と言う事まで訪ねてくる美容師もいるかもしれません。ですがプライベートな事なんだからほっておいてくれ、と思って思わず無愛想になってしまう男性客もいるものでしょう。そもそも「どうしてそんな質問をしてくるのか解らない」と言う所が男性の本心だと思うんですね。女性ならばプライベートな事を多少話したり聞いてもらったりすればその美容師と仲良くなれた様な感じがして嬉しかったりするものですが、そもそも美容室と言う場所に美容師と仲良くなりたい、なんて希望をまるで持ち合わせていない男性にとっては、余計なおしゃべり、特に自分の事を根掘り葉掘り聞かれるのは嫌なものかもしれません。花粉症の人は花粉をまず自分の衣服などに付着させない事を考えますよね。ですが忘れがちなのが花粉が付着するのは衣服だけではない、という事です。実は髪の毛にも良く花粉は付着します。髪の毛は体の一部だとよく言いますが、髪の毛は他の身体の部位とは違って衣服をまとう事はありません。ですから花粉の付いた髪の毛は衣服に花粉が付いているのと同じ状況なわけですね。ですから花粉症のある人は髪の毛の花粉も落とさなくてはいけない事を忘れてはいけませんね。よく衣服の花粉だけを気にして、髪の毛については全く気に留めない人がいますが、実は髪の毛は細かい髪の毛が重なり合っているため、付着した花粉がまとわりついている可能性が大きんですね。ですから定期的に髪の毛の花粉を落とすように心がけておかなくてはいけません。よく勘違いされているのは、髪の毛が皮膚に花粉が付くのを衣服と同じように守ってくれている、という考え方ですが、実は髪の毛は皮膚を守っている事にはならないようですね。髪の毛についた花粉が髪の毛が風などで揺れたりするたびに顔周りに花粉をまくことになってしまっています。花や目に髪の毛が触れるたびに花粉を運んでいる事になってしまうんですね。ですから衣服の花粉を落とす時には、かならず髪の毛の花粉を落とす事も習慣づけたいものです。上福岡の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ