お客さんのライフスタイル

お客さんのライフスタイル

お客さんのライフスタイル

美容師にとって、お客さんのライフスタイルを知る事は、ヘアスタイルを作る上でとても重要な情報なんですね。もちろんあくまでもライフスタイルであって、プライベートな情報が欲しい訳ではありません。その人が結婚しているのかしていないのか、という事ではなくて、家ではどのような生活をしているのか、例えば掃除洗濯などの家事を担当している人なのか、あるいはほとんど家にはいなくて外で働いている人なのか、あるいは昼間の活動よりも夜間に活動する事が多い人なのか、というような事を知る事で、よりその人に合ったヘアスタイルを提供する事ができます。家で家事をこなしている人なら、結構な運動量のある人だといえますから、髪の毛が邪魔になったり、スタイリングに時間のかかるヘアスタイル、というのは望ましくないかもしれません。日中は仕事をしていて人と会う機会が多い職業の人なら、常にヘアスタイルを整えやすいスタイルにしておいてあげる方が楽ですよね。ですからお客さんは時々うっとおしいと感じているかもしれませんが、美容師がある程度の質問をして、お客さんの普段の生活を知ろうとするのは、よりお客さんに会ったヘアスタイルを提供しようとしている証拠なんですよね。トークの仕方によってそれがお客さんに不快感を与える事があるようですけどもね。1000円カットと普通の美容室では何が違うか、というと美容師の働き方も違うかもしれませんが、そこ利用するお客さんの考え方が違うと言っても良いでしょう。つまり1000円カットには1000円カットのメリットが自分に合っている、と思っている人が行くわけです。美容室でじっくり過ごすような時間がない、そこまでい美容室にこだわりがない、ヘアスタイルが整いさえすれば特に問題は無い、と考えている人が多いように思います。その考え方は美容師にとっては一長一短である、と思われます。つまりせっかく美容師であるにもかかわらず、ヘアスタイルなどにあまり興味のないお客さんを相手にしなくてはいけない、という事は、自分の力やセンスを活かせないケースが多い、という事になるかもしれません。ただ単純作業を繰り返しているだけ、と言うように感じてしまう美容師もいるかもしれませんね。ですがそれが1000円カットであり、そのスタイルをお客さんは満足している訳ですから、「早くて良い技術を提供する」と言う事に特化して働かなくてはいけない事になります。そこにやりがいを感じる事が出来るかどうか、という事が1000円カットで働く美容師の仕事に対する満足度につながると思いますね。ただ一日に多数のお客さんのカットをする、という点ではかなり技術を磨いている事になると思いますけどもね。新小岩 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ