夏の肌老化を防ぐために何をしたらいいのか

夏の肌老化を防ぐために何をしたらいいのか

夏の肌老化を防ぐために何をしたらいいのか

夏は肌の老化を進行させる要素が沢山。そのため一つ一つに最適な対策を立てていかないと秋を迎えた時のケアが大変になります。紫外線、乾燥、スキンケアの3つに注目してそれぞれ対策を行なっていくといいでしょう。夏は1年を通じて最も紫外線の強くなる季節。そのため紫外線対策も入念に行なっていくことが大事になります。化粧下地にUVカット効果が含まれているのは当たり前になってきていますが、日差しの最も強い日中に外出することが多い場合は日焼止めとの併用も行なって紫外線対策をしていく必要があります。SPFの高い日焼止めはそれだけ肌にも負担が大きくなるため、外出時間や日差しの強さ等を考えて使い分けていくようにするといいでしょう。夏の乾燥肌はとても厄介です。通常の乾燥肌は皮脂分泌量の低下が影響しているのに対して、夏は皮脂が分泌されているにもかかわらず乾燥してしまいます。皮脂はあるのに肌の水分が足りなくなっている状況はインナードライと呼ばれ、ケアの方法にも特別な注意が必要になります。スキンケアをするときには肌の水分を失わせないようにするために保湿に力を入れてケアをしていくといいでしょう。日焼止め、皮脂汚れ、ホコリ、メイク汚れと肌が汚れやすい夏はスキンケアでしっかりと汚れを落とさないといけません。クレンジングをするときには汚れを落とす効果の高いオイルクレンジングを行なっていくといいでしょう。場合によってはW洗顔も行なって汚れをしっかりと落とすようにしていってくださいね。肌のトラブルを解消するためには栄養が必要になります。しかし夏って食欲がなくなる季節で栄養が足りなくなってしまいがちです。そのせいで肌の新陳代謝も悪くなり、インナードライやニキビ等のトラブルが起きてしまいます。食欲が無いと感じている人は肌のトラブルのことを考えたうえで食欲を取り戻さないといけません。夏に食欲が無くなってしまう理由はいくつかありますが、胃腸の働きが悪くなることが大きな原因です。夏場に胃腸の働きが悪くなるのは冷たい飲み物を沢山飲んでしまうからです。冷たいものを飲むと胃腸が冷えます。冷えた胃腸はその働きも鈍くなり消化や吸収が悪くなってしまいます。胃腸の働きが鈍くなればそれだけ食べ物を処理する力もなくなるわけで食欲が無くなってしまいます。胃腸を冷やさないことが食欲減退を防ぐことに繋がり夏の肌トラブルを解消することに繋がります。アイスの食べすぎ、冷たいジュースの飲み過ぎ等は心当たりのある人もいると思いますが、冷たいビールや生サラダも胃腸を冷やすことに繋がります。冷たいビールは付き合いの中で飲まないといけないと言う人もいるかもしれませんが、飲みすぎには注意するようにしましょう。逆に温かい飲み物は胃腸の働きを活発にさせます。特に白湯は胃腸に優しく消化を助けてくれる働きが期待出来ます。肌荒れ等の悩みが解決出来ない理由が胃腸の働き低下にある可能性もあるので冷えた飲み物は減らした生活にして胃腸を温かくしていくようにしてみるといいですよ岩槻 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ