文字の大きさ

文字の大きさ

文字の大きさ

美容室のホームページを作成する時に「誰に見てほしいのか」と言う事を意識していないと、そのページの効果は表れにくくなると思います。たとえば文字の大きさです。確かに大きな文字がいろいろ並んでいるページと言うのは、オシャレなページと言うイメージからは離れてしまうかもしれません。ですが読みやすさ、という点ではやはり考えなくてはいけない事があると思うんですね。特に何か知りたい事があってそのホームページを見ている人にとっては、読みやすさ、というのはとても大切です。文字の大きさだけではなく、バックの色と文字の配色も大切です。特に若い人だけではなく、ある程度年齢を重ねた人もターゲットにしている美容室の場合には、ホームページでも「読みやすさ」に対して気を配るべきですよね。そういう気遣いが出来ているかどうか、という事は例えそれがホームページであっても、その美容室の心遣いが感じられるものなんですね。大きな文字にするのはちょっとセンスが悪い感じがする…と言う事にこだわりすぎると、読者の事を置き去りにしてしまうホームページになってしまうかもしれません。「なんだかこのホームページを読むのは疲れるわ」と思われてしまったら、その美容室に行くこと自体、そこで縁が途切れてしまうかもしれません。手荒れ、というのは美容師にとっては致命傷、とも言われていますが、その人にとって自分の想いや夢とは裏腹に「自分には美容師としての資格が無い」と思わざるを得ないのは、とても悲しい事です。手荒れの体質であっても美容師と言う夢をあきらめたくない、少しでも美容室に関わる仕事を続けたい、という強い意志を持っている人もいるはずです。そういう人たちに道を開いてあげる事も経営者の大切な仕事ではないか、と思います。思いのある人には出来るだけ理解を示して出来る事をやってもらう、という事が必要だと思います。もちろん本人にも手荒れを防ぐ最大限の努力や対策は必要だと思いますが、何よりも「それでも大丈夫、一緒にやろう」という職場の理解は欠かせないものでしょう。そういう思いのある人は、例えハンデを抱えていたとしても、お客さんに対しては、とても暖かい美容師になれる可能性が大きいのではないでしょうか。美容師はとても離職率の高い職業として有名になってしまっていますが、その要因の多くが「手荒れ」や「アレルギー」によるもの、という話もあります。そういう人たちが救われる業界になる事が、これからの美容師と言う職業の印象を浴する事につながっていくのではないでしょうか。手荒れで美容師をあきらめる人が少しでも少なくなるといいですよね。小岩 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ