「みなさんで」という心遣い

「みなさんで」という心遣い

「みなさんで」という心遣い

「個人的にとてもお世話になった美容師さんだから、どうしてもお祝いをしてあげたいけれど、あまり重たく受け止められるのも困るかも」という微妙な立ち位置でお祝いを考えている人もいると思います。そういう時に負担にならないお祝いの品、というのは「使ってなくなる物」「食べてなくなる物」だと思います。さらに個人に負担に思われたくない、というのであれば「皆さんで」という心遣いが良いと思います。菓子類や飲み物はオープニング時には欠かせないものだと思います。例えばお祝いをしたい相手が店長さんとかオーナーさんと言うポジションである場合にはオープニングまでの苦労やオープニング時の忙しさを共有した仲間がいるはずです。そういう人たちと喜びを分かち合いたい、と考える店長さんやオーナーさんは多いものです。「皆さんで」と言う心遣いは、そういう人にはピッタリだと思いますし喜んでもらえるに違いありません。美容師が独立する時には独立するにあたって縁の下で支えてくれた人もいますし、これから一緒にやっていく仲間もいます。自分一人が店長やオーナーだから、といってお祝いを独占するのではなく、皆で分け合えるもの、というのは重宝するに違いありません。具体的にはみんなで分け合えるお菓子の詰め合わせとか、お祝いの席で飲んでもらえるようなお酒類やドリンクでしょう。お花や観葉植物と言うのは、開店祝いとして目立ちますしそれなりに金額もするのですが、結果的には枯れてしまったり不要になったりしたりするものです。それに対して必ず使ってもらえる実用的な物、というのは喜ばれますよね。実用的な物といっても好みのあるもの選ぶ時に困ってしまいますが、実用的であり後に残らない消耗品であれば、たとえ少々好みのものではなったとしても使ってもらえると思います。例えば美容室と言うのは表向きは華やかなイメージですが裏では当然掃除や洗い物がたくさんあるお店でもあります。そうなると掃除グッズや洗剤と言うのも一般家庭と同じように欠かせない必需品となります。お客さんが出入りする場所の掃除などにはこだわりがあるかもしれませんが、バックヤードの掃除などに使う物についてはそんなにこだわりがないかもしれません。一般的な洗剤やクリーニンググッズ、というのは重宝されるのではないでしょうか。もしも美容師さんと近しい間柄であるならば、実際に店舗で使う予定のメーカーさんのお掃除グッズや洗剤などを聞いてみるのも良いですね。後にも残りませんし必ず使う物でしたらオープニング当初はバタバタして買い忘れなども有るかもしれませんから、喜ばれるに違いありません。能見台にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ