カリスマ美容師ブームがもたらしたもの

カリスマ美容師ブームがもたらしたもの

カリスマ美容師ブームがもたらしたもの

カリスマ美容師ブームが起きると、まずそこに反応したのは若者たちで、「美容師になりたい」と思う若者が増えたんですよね。特に男性が増えたことが特徴でしょう。そしてその傾向に目を付けたのが美容専門学校でしょう。とにかく入学者を増やせば美容専門学校は儲かります。美容専門学校の件数も増えましたし、ほとんどの志願者が入学できるような受け皿が出来てしまったんですね。美容専門学校同士が張り合うようになると、ますます設備や環境、国家試験の合格率などが上がり、それがさらなる志願者を産むようになった、と言っても良いでしょう。ですがそのブームの中で考えるべきだったのは「日本の人口に対して、どれぐらいの美容師の人数が必要か」と言う事ではなかったのでしょうか。美容師に憧れる若者が全員美容専門学校に入学する事が出来るようになって、その大半の人が国家試験に合格するわけですから、美容師は増える一方となったのでしょう。そして美容師を目指すころから、その若者たちの夢は将来ドラマの主人公のように自分のお店を持つことだ、という人が多かったのでしょう。実際に頑張って独立を目指す美容師が多かったのは決して悪い事ではないのですが、あまりにも漠然とした夢や理想だけで、実際には実力も経営力も備わっていない美容師も多かったように思われます。派遣美容師として働くことはよいことだらけ、というわけにはいきません。それなりにデメリットもあるようです。それは美容師に限った事ではありませんが、正社員でない限り仕事が常にある、という保証が無い事です。派遣先の業績が悪化すれば、まずは社員を守ることが必要になるので、派遣などの立場の美容師が一番に契約を打ち切られる可能性が大きいものです。また自分が希望する条件の仕事が見つかるまでにはかなり日数がかかると思った方が良いでしょう。だいたいどの美容師も希望する条件は似ています。自分が希望している事はほとんどの美容師が望んでいると思った方が良いでしょう。そうなると当然競争率も高いです。どんな仕事でも受けます、という人の方がはやく仕事は見つかるでしょう。ですが色々な条件を付ける事ができるのが派遣のメリットですから、何でもやります、となると何のために派遣を希望しているのか解らなくなってしまいますよね。またよくあるのが、派遣美容師と美容室直属の美容師との間がぎくしゃくする、というケースです。「あの人は派遣だから気楽でいいよね」というような目で見られてしまう事もあるようです。確かに残業などをしない、という事になると「派遣は良いよね」という考えになるのも無理はないかもしれません。逆に仕事のできる派遣の人が社員に対して「私の方が仕事が出来ているのに社員だというだけで良い給料をもらって」と言う不満が出てくるケースもあるようです。吉祥寺 ヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ