意外と喜ばれるもの

意外と喜ばれるもの

意外と喜ばれるもの

一般的にお礼とか、お中元とかお歳暮、入学祝、などでしたら、金券というのも喜ばれるものですよね。ですが開店祝いで金券、というのはあまり聞きなれないかもしれません。ですが意外とこの金券と言うのは美容室側には喜ばれる事が多いようです。特に図書カード、というのは美容室とは関係が無いように思うかもしれませんが、以外にも美容室では図書カードで購入できるものを備品として買わなくてはいけない場面が多い様なんです。例えばみなさんが美容室へ行くと待ち時間には雑誌を勧められたりしますよね。この雑誌やヘアカタログというのは当然美容室に必要なものになります。一冊は小さな額面かもしれませんが、何冊も、となると図書カードで購入できるのは嬉しいでしょう。またフロント周りの文具なども最近では図書カードで購入できるところがたくさんあります。ですから意外と図書カードをプレゼントする、というのは盲点なのかもしれません。またそれらもひっくるめて金券というのが重宝される様です。現金と言うのではちょっと味気ないかも、と思う場合には図書カードや金券をプレゼントする、というのはもらった方も嬉しいに違いありません。プレゼントの実用性としてはナンバーワンですからね。渡す時に目立たないのも良いですね。美容室に開店祝いをする、と言うケースで一番多いのは、自分がお世話になっていた美容師さんが独立してお店を持つ、と言う場合ではないでしょうか。かなり長年にわたってその人に担当してもらっていると、自分がその美容師の一番の付き合いをしている、と言う風に思いがちですが、美容師さんにとってみればお客さんはお客さんです。独立して美容室を開店するにあたっては、付いてきてくれるお客さんも勿論大切なのですが、それ以上にお世話になった人もたくさんいるのが普通です。ですからあくまでも一人の客としての立場をわきまえた開店祝いを考えなくてはいけませんね。出過ぎたことをするとかえって迷惑になってしまう事も大いに考えられます。大きなお花や観葉植物といった店内で目立つもの、というのは、送ってくれた人の手前どうしても見えるところに飾ってあげなくてはいけない、ということを美容室の人は意識せざるを得ません。客だった、というだけでそこまで気を遣わせてしまうのはちょっと重く感じられるかもしれませんね。美容師さんに対して個人的にお客としてお世話になった、という感じであれば、後に残らない食べ物とか飲物、といった物の方が、美容師さんに気を使わせることなく喜んでいただけるかもしれませんね。青山の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ