汗対策をしてから美容室へ

汗対策をしてから美容室へ

汗対策をしてから美容室へ

真夏に美容室へ行くときに、美容室内で汗が出てしまうのは、もうどうしようもない事ですが、美容室に行くまでになるべく汗をかかない様にする事はある程度は可能でしょう。たとえば美容室に行く前にはシャワーを浴びていく、美容室に駐車場があるならば冷房をかなりきつめにきかせた車で行く、といった事も出来るでしょう。シャワーを浴びるのが面倒であれば最近では汗を拭きとるためのサラサラシートの様なものもありますよね。どうしても交通機関を利用しなければならない美容室であれば、そこもサラサラシートを持参して、美容室に入る直前までこまめに汗を拭いているとかなり違うのではないでしょうか。保冷材などを利用して、できるだけ体の一部分で良いので冷やすようにして出かけるのも良いかもしれません。臭いが気になる場合なら、脇褪せ対策ができる衣服などを着用する事も効果があるかもしれません。昔に比べれば今は汗に対する対策グッズも多く出ていますから、色々利用してみるとよいかもしれません。どんなに汗対策をして美容室へ行ったとしても、ケープを掛けられたとたんにまた汗が噴き出した、という人も良くいますよね。ポケットなどに保冷剤を忍ばせておいて施術中には体の一部分を冷やすようにしている、という人もいるようです。もしも「自分は人よりも汗をかきやすい体質だ」と思っているのであれば、美容室に行った時には「私はとても汗かきなので、ご迷惑をかけるような事があったらごめんなさい」と言ってしまった方が良いかもしれません。実際のところ「自分は汗かきだ」と思っている人は案外多いようです。たとえその様な体質ではなかったとしても、女性ならだれでも更年期の時期には汗をかきやすくなる事を知っていると思います。つまり本人が思っている程に「汗をかく」と言う事は恥ずかしい事ではないんですよね。ですからいっそ自分は汗かきだ、と美容師に伝えた方が、そのための対策を取ってくれると思うのです。たとえば空調を聞かせてくれるとか、こまめに汗を拭いてくれるとか、頸や膝に当てる何か冷たいものを貸してくれるとか、です。それは本来美容室の方がやってもよいぐらいのサービスだとも言えるんですよね。お客さんはタオルを巻かれたりケープを掛けられたりしたら、どのぐらい暑苦しいのか、という事はお客さんの方から主張しなければ、なかなか解ってもらえない事でもあるのです。少し大袈裟なぐらいに、自分は汗かきで困っている、という事をアピールしてみたらどうでしょうか。もちろん匂いなどの衛生面の問題は、自分でできるだけ解決して来店すべきだとは思いますけどもね。美容室 菊川 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ